研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[細動脈を直流磁界は変化させる] med./bio.

Static magnetic fields alter arteriolar tone in vivo.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2005; 26 (1): 1-9

この研究は、インビトロで、成獣ラット骨格筋微小血管の直径に対する静磁界SMF)の局所的ばく露の影響を直接定量化した。体外に露出させたラットの脊柱僧帽筋の微小血管ネットワークに、15分間、局所的で一様な70 mT SMFばく露を与えた状態で細動脈の直径を測定した。また、血管収縮および微小血管緊張の程度を、ばく露前、ばく露直後、15分後および30分後に計算した。緊張度の高値は収縮した血管に対応し、緊張度の低値は拡張した血管に対応する。結果として、初期緊張が15 %未満の血管は、ばく露の15分後および30分後に、緊張が増加する傾向があり、反対に、初期緊張が15 %を上回る血管は、15分後および30分後にそれぞれ有意な緊張低下を示した(P <0.05);初期血管径データを加味すると、初期径が30μm未満で初期緊張が15 %未満の血管は、ばく露終了直後、15分後および30分後に有意な緊張増加を示した(P <0.05);初期径が30 μm未満で初期緊張が15 %を上回る血管は、SMFばく露後30分で緊張が有意に低下した(P <0.05);初期径が30μmを超える血管は、SMFに対して有意な反応を示さなかった;これらの知見は、SMFばく露細動脈径に影響を与え、ばく露後の血管緊張緊張度の中央値(15 %)に正常化するように微小血管緊張に作用することが示唆された、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate the effects of magnetic field exposure on vasodilation and vasoconstriction of microvessels in skeletal muscle of adult rats in vivo.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1:
  • DC/static
ばく露時間: 15 min

General information

26 rats were divided into 4 groups: 1) SMF exposure (n=9), 2) Sham exposed (n=4), 3) SMF exposed and dilated at the end of the experiment (n=8) and 4) dilated following sham exposure (n=5).

ばく露1

主たる特性
周波数
  • DC/static
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 15 min
Additional information Static magnetic field (SMF)
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • permanent ceramic magnet
ばく露装置の詳細 The magnetic field was applied with the magnet placed at a distance of 2 mm to the skeletal muscle of the rat. The rat was placed on a microscope stage
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 70 mT - 測定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The diameters of arteriolar microvessels were measured before, immediately after, and 15 and 30 minutes after exposure respectively. The extent of vessel contraction (i.e. microvasular tone) was calculated.
On average of the percent change, there was no sustained, statistically significant response of vessel diameter to the magnetic field exposure when compared with sham-exposure. However, significant changes in vessel diameter were found in absolute vascular response. The data of this study suggest that magnetic field exposure has an effect on arteriolar microvessel diameter, but the underlying mechanism still remains unclear.

研究の種別:

研究助成