研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ラット中脳の構造に対する弱い電磁界の影響に関する組織化学的研究] med./bio.

Histochemical Study of Effects of Weak Electromagnetic Field on Structures of the Rat Midbrain.

掲載誌: J Evol Biochem Physiol 2005; 41 (1): 119-125

この研究は、ラット中脳の聴覚および非聴覚構造におけるミトコンドリア酵素チトクロームオキシダーゼ(CO)の組織化学的活性に対する低レベル電磁界EMFばく露の影響を調べた。12匹の成獣オスの白ラット系統なし)を3匹ずつの4群に分け、各群の2匹はEMFばく露を受け、残りの1匹は対照とした。動物は同じ時刻に1日2時間、5日間のばく露を受けた。ばく露中、動物は透明のプラスチック箱に入れられ、その箱は3×2.5×2 mのシールドされた防音室内に置かれ、パルス変調UHF電磁界(搬送周波数980 MHzパルス幅0.5 ms、パルス周波数1 kHz電力密度0.5 mW / cm2)ばく露が行われた。脳代謝活動の日周変動の可能性によるアーチファクトを回避するためにばく露チャンバ滞在は調整された。ばく露後、脳はウォン・ライリー法で処置された。ニッスル染色された調製物との比較により細胞構造変化を観察した。中脳切片のコンピューター解析で酵素活性のダイナミクスを画像化した。その結果として、ばく露を受けたラット中脳の構造のいくつかにおいてCO活性の増加が見られた、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study histochemically by the cytochrome oxidase activity-method of electromagnetic field effects on metabolic activity of the auditory (inferior colliculus) and non-auditory (superior colliculus) centers of the rat midbrain.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 980 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: repeated daily exposure, 2 h/day for 5 days

ばく露1

主たる特性
周波数 980 MHz
ばく露時間 repeated daily exposure, 2 h/day for 5 days
Modulation
Modulation type pulsed
Pulse width 500 µs
Repetition frequency 1,000 Hz
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • megaphone like antenna and a GTs-31 generator
ばく露装置の詳細 animals were placed in transparent plastic boxes which were located in the echo free 3m x 2.5 m x 2 m chamber
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 5 W/m² - 測定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

An increase of the enzyme activity was found in several midbrain structures of the exposed rats.

研究の種別:

研究助成