[成獣ハムスターの松果体及び循環メラトニンリズムに60 Hz磁界急性ばく露は影響を与える] med./bio.

Acute 60 Hz magnetic field exposure effects on the melatonin rhythm in the pineal gland and circulation of the adult Djungarian hamster.

掲載誌: J Pineal Res 1994; 16 (3): 136-144

<目的>磁界メラトニンに及ぼす影響については用いる動物磁界の種々のパラメーターに依存する可能性がある。本研究では60Hz磁界を急性に曝露して検討する。 <方法・対象>成長した雄、雌ハムスターを18:00→10:00の16時間明の環境で飼育。8:00に60Hz 1Gの垂直磁界を15分間曝露。以後約2時間おきに一群4~6匹ずつのデータを採った。 <結果>図1、図2に示すように1回目は抑制効果がみられたが、2回目、3回目にはみられなくなった。 <結論>実験の日(一年の内のどの月か)、年令など種々の因子を考えて、もっと実験を継続する必要あり。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

関連論文