[マウス胎児への静磁界の催奇形成効果] med./bio.

Teratogenic effects of static magnetic field on mouse fetuses.

掲載誌: Reprod Toxicol 2006; 22 (1): 118-124

地球の8000倍である400mTの強静磁界妊娠マウスを短期間ばく露させて、催奇形効果を調べた。妊娠時の7.5から14.5日間に渡り1日に60分ばく露させた。ばく露群と擬似ばく露群でそれぞれマウス当たり各10匹の胎児で、合計160匹を使用した。胎児の15.1%, 13.4%, 15.8%, 16.7%、20.8%, 24.3%, 24.4% が 7.5, 8.5, 9.5, 10.5, 11.5, 12.5, 13.5, 14.5日で奇形が観察された。奇形は多指症、腹壁破裂、脳ヘルニアなどであった。これらの奇形はSMFのばく露で生じたが、ばく露期間を反映していなかった。

ばく露

関連論文