研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[キタカワマスの胚の運動活動のさまざまな形に対する磁界の影響] med./bio.

Effects of the magnetic field on different forms of embryonic locomotor activity of northern pike, Esox lucius L.

掲載誌: AIeP 2004; 34 (2): 193-203

この研究は、50 Hz正弦波磁界(15 mT)および静磁界(4 mT)ばく露をカワカマス(Esox lucius L.:サケ目カワカマス科の淡水魚)の卵に与え、胚の運動学に与える影響を調べた。適応期間(対照)の後、それぞれの磁界を30分間ばく露した。胚の運動学的な変化を顕微鏡で観察し、ビデオテープに記録した。その結果、胚形成の観点から見て、準蠕動運動への影響(角速度の増加と外形質波の振幅)が胞胚末端原腸胚の段階で見られた;同じ観点から、心筋への作用(50 Hz正弦波において、心拍の小さな加速に続いて収縮数の突然上昇)が見られた;体性運動学には、50 Hz正弦波磁界または静磁界のどちらにおいても目に見える影響はなかった、と報告している。

研究目的(著者による)

定常及び変動磁界によって影響される魚類の胚性運動を調べること。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: continuous for 30 min
ばく露2:
  • DC/static
ばく露時間: continuous for 30 min

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 continuous for 30 min
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 Eggs of pike were placed in 1 m x 1 m chambers which were placed between the coils.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 15 mT unspecified 測定値 - -

ばく露2

主たる特性
周波数
  • DC/static
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 continuous for 30 min
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 4 mT - 測定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

以下の胚発生の測定パラメータが影響された:

1) 準蠕動胞胚端部原腸胚の段階での角速度及び外形質波の振幅の増加)、
2) 心筋の動作(変動磁界中のみ‐短い、小さな心拍の加速後の、収縮数の急上昇)、及び
3) 体細胞の運動(定常磁界または変動磁界のどちらにも目に見える影響なし)

研究の種別:

研究助成

関連論文