研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[超低周波60 Hz電磁界による胚発生の遅れ] med./bio.

Retardation of embryogenesis by extremely low frequency 60 Hz electromagnetic fields.

掲載誌: Physiol Chem Phys Med NMR 1985; 17 (1): 135-138

この研究は、高電圧送電線下の電磁界をシミュレートした電磁界ばく露をメダカの受精卵に与え、脊椎動物の胚発生への影響の有無を調べた。受精したばかりの卵に、電流密度300 mA/m2の60 Hz電界ばく露、1.0 ガウスRMSの60 Hz磁界ばく露、または両者の組み合わせばく露を、いずれも48時間実施した。その結果、発生した胚のいずれにも全体的な異常は観察されなかった;磁界または組み合わせ電磁界のいずれかのばく露を受けた胚で、発生の遅延が見られた;電界ばく露の場合、遅延は見られなかった、と報告している。

研究目的(著者による)

電界及び/または磁界への in ovo (卵内)ばく露には魚の胚の発生に対する生物学的影響があるかどうかを調べること。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 60 Hz
ばく露時間: continuous for 48 h
electric field
ばく露2: 60 Hz
ばく露時間: continuous for 48 h
magnetic field
ばく露3: 60 Hz
ばく露時間: continuous for 48 h
electric and magnetic field

General information

Exposure setup described in reference article: J.H.Lucas and M.J.Johnson, IEEE, San Antonio, Texas, April 24-26, (1984), pp. 157-160

ばく露1

主たる特性
周波数 60 Hz
タイプ
  • electric field
ばく露時間 continuous for 48 h
Additional information electric field
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • 詳細不明
チャンバの詳細 four chambers containing the eggs (final volume of 50 ml) were concurrently exposed to the individual and combined fields including a control
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電流密度 300 mA/m² effective value - - -

ばく露2

主たる特性
周波数 60 Hz
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 continuous for 48 h
Additional information magnetic field
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • 詳細不明
チャンバの詳細 four chambers containing the eggs (final volume of 50 ml) were concurrently exposed to the individual and combined fields including a control
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 100 µT effective value - - -

ばく露3

主たる特性
周波数 60 Hz
タイプ
  • electric field
  • magnetic field
ばく露時間 continuous for 48 h
Additional information electric and magnetic field
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • 詳細不明
チャンバの詳細 four chambers containing the eggs (final volume of 50 ml) were concurrently exposed to the individual and combined fields including a control
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電流密度 300 mA/m² effective value - - -
磁束密度 100 µT effective value - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

磁界、または磁界電界の組合せ(電界単独ではない)にばく露された胚は、ばく露されなかった胚と比較して発生が遅れたが、発生異常は認められなかった(EMF-Portal注記:詳細なデータは示されていない)。

著者らは、磁界脊椎動物の胚の発生遅滞を生じ得る、と結論付けている。

研究の種別:

研究助成

関連論文