[X線ならびにパルス磁界にばく露されたマウスのリンパ腫の発症] med./bio.

Lymphoma development among mice exposed to X-rays and pulsed magnetic fields.

掲載誌: Int J Radiat Biol 1993; 64 (1): 119-125

CBAマウスを合計5.24GyのX線(260 kV, II mA, 0.45Gy/秒)に4つに分けてばく露し、また生涯を通じて鋸波状の15uTp-pパルスの20kHz垂直磁界ばく露する。同時に磁界のみをばく露したマウスと、磁界ばく露マウスを設定し、それぞれ生涯にわたり観察を実施した。リンパ腫の発症率はX線にばく露したグループで65.7%、X線と磁界の両方にばく露したグループでは71.4%であった。リンパ腫は、非ばく露のマウスに関しては6.4%、磁界のみにばく露したマウスのは5.7%であった。リンパ腫に関しては、磁界ばく露したグループとその対照グループとの間に統計的に有意な違いは観察されなかった。また血球数ならびにヘモグロビンも、X線照射されたグループとX線と磁界ばく露されたグループとの間に違いは観察されなかった。パルス磁界ばく露したマウスの単核細胞数と白血球数は、ばく露されていないグループと比較して、値が上昇していた。これは2匹のマウスが極端な数値を示したためである。またパルス磁界ばく露されたグループの枝肉重量は、ばく露を受けていない対照グループと比較して大幅に上昇した。

ばく露

関連論文