研究のタイプ: サーベイ (医学/生物学の研究)

[電磁界により誘発されるバイオマーカーとがん] review

Biomarkers of induced electromagnetic field and cancer.

掲載誌: Indian J Exp Biol 2007; 45 (1): 77-85

本論文は、人体の様々な組織に影響する電磁界疫学的および実験的研究を概説する。これらの影響によって細胞増殖が引き起こされ、がん形成につながる可能性がある。あるバイオマーカーはがん促進または共促進のいずれかに関係することが確認されている。これらは次のものがある。(i)メラトニン松果体分泌ホルモン (ii) Ca2+、静止膜電位の調節ならびにシナプス興奮と神経伝達の連続事象において不可欠で、放出は電磁界の影響を受ける。 (iii)オルニチンデカルボキシラーゼ(ODC)、ポリアミン生合成における律速酵素で有用なバイオマーカーとみなされている。ODCの過剰発現細胞形質転換がん促進の増強を引き起こす可能性がある。 (iv)タンパク質キナーゼ酵素で、リン酸基をATPから受容体タンパク質アミノ酸鎖の水酸基転換させる。 (v)Na+-K+ATPase(アデノシン三リン酸加水分解酵素)はナトリウムカリウムの膜輸送を行い、生体細胞において重要な役割を担っている。非平衡熱力学、相互作用、確率的現象、共振に依存する、想定され得る様々なメカニズムが、細胞質ゾルにおけるシグナル変換、それによる転写現象制御のモデルとして考察される。最後に、超低周波無線周波数(RF)/マイクロ波(MW)変調場を含むメカニズムと比較する。

影響評価項目

ばく露