研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[スウェーデンにおける過疎地に相関した悪い健康指標] epidem.

Adverse health indicators correlating with sparsely populated areas in Sweden.

掲載誌: Eur J Cancer Prev 2007; 16 (1): 71-76

スウェーデンの健康特性に関する初期研究は、一般的な健康指標における1997年ごろの急激な傾向変化に向けられてきた。健康低下は携帯電話システムの推定普及率が低い地域、つまり携帯電話器からの平均出力が高いと予想される地域で最悪であった。本研究では、健康パラメータは人口密度に関連していたが、これは推定ではなく明確に定義された変数である。統計はスウェーデンのいくつかの関係当局から得られた。それらのデータは、携帯電話平均出力推定値と同様に、スウェーデンの21の県における人口密度と関連していた。いくつかの健康質指標は、1997年以降、 (デンマークとノルウェーと同様に) スウェーデンの過疎地の住民は、より人口密度が高い地域の住民より病気が多く、回復に要する期間が長いことを示している。このことは、暮らすには田舎が最も健康的な場所であった20年前の状況と強い対比を示している。これらの指標は携帯電話普及率推定値および出力推定値と強く相関していた。スウェーデンの健康低下は、低い人口密度それ自体が第一の原因ではなく、人口密度に関連した他の要因が原因であることを、この統計指標は示唆している。健康質低下に強い相関がある2つの要因は、携帯電話からの平均出力推定値(正相関)と、各県のモバイル通信基地局に関してグローバルシステムから報告された普及率(逆相関)である。

研究の目的(著者による)

悪い健康指標と人口密度ならびに携帯電話の出力電力との間にあるかも知れない関連をスウェーデンにおいて調査した。

詳細情報

スウェーデンの21の郡で健康データを人口密度ならびに平均的な携帯電話の出力電力の推定値に相関させた。

影響評価項目/リスク推定のタイプ

ばく露

ばく露評価

調査対象集団

結論(著者による)

保健指標の一版的な疾病率、外部事故及びアルツハイマー病による死亡率、疾病からの回復率、手術及び労働関連の事故は、スウェーデンの過疎地で悪かった。携帯電話の出力電力健康の質の悪化との強い正の相関が認められ、報告されているGSM基地局のカバー範囲と健康の質の低下との強い負の相関が認められた。

研究助成