[900 MHzおよび1800 MHzにばく露されたヒト身体内聴覚系における内部電磁界分布のモデル化] tech./dosim.

Modeling of the internal fields distribution in human inner hearing system exposed to 900 and 1800 MHz.

掲載誌: IEEE Trans Biomed Eng 2007; 54 (1): 39-48

この論文は、核磁気共鳴映像法に基づく内部聴覚系のモデルが、900MHzおよび1800MHzのばく露を受けた時の内部電界磁界分布および比吸収率(SAR)値を調査する。内部電磁界分布は有限積分法を用いて算出された。電磁界の値の推定は、目標の器官(特に前庭から蝸牛領域まで、および、蝸牛の尖端から底部まで)を貫通する線に沿って評価された。主な知見は次の通りである:1)聴覚器領域、とりわけ外部放射源に近い内耳においてより、前庭領域において内部電磁界強度およびSAR値が高い、;2)蝸牛の中央部より基底部および先端部で内部電磁界強度が高い;3)内部聴覚系モデルを含むものと含まない頭部モデルを比べると、内部電磁界分布およびSAR値に局所的差異がある;4)頭部モデルと放射源の相対的位置および内部聴覚系の誘電特性を変化させることによって、結果の変動性を評価した。

ばく露

関連論文