研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[携帯電話への30分ばく露がサッカードに及ぼす影響] med./bio.

Effects of thirty-minute mobile phone exposure on saccades.

掲載誌: Clin Neurophysiol 2007; 118 (7): 1545-1556

【目的】携帯電話放射パルス高周波電磁界(pulsed EMF)へのばく露サッカード課題の成績に及ぼす短期的影響の有無を調査すること。【方法】二重盲検で、カウンターバランスした、交差実験デザインが採用された。10人の健常な被験者において、携帯電話放射EMFへの30分間のばく露および擬似ばく露の前と後に、視覚誘導サッカード(VGS)、ギャップサッカード(GAP)および記憶誘導サッカード(MGS)の各課題の成績を調べた。また、視覚信号に対する手の反応時間(RT)課題も実施した。【結果】VGSとMGSの潜時を例外として、VGS、GAPおよびMGS課題のパラメーターは、本当のEMFばく露または擬似ばく露の前および後で変化しなかった。加えて、VGSおよびMGSの潜時の変化に、本当のばく露擬似ばく露の後で違いはなかった。手の反応時間は試行の繰り返しに伴い短縮したが、この傾向は、本当のばく露擬似ばく露において同程度であった。【結論】本研究は、携帯電話ばく露に関連したサッカード課題の成績を調査する最初の研究である。様々なサッカード課題の成績に対する携帯電話使用の大きな影響は実証されず、サッカードに関する皮質での情報処理は携帯電話放射するEMFへのばく露によって影響されないことが示唆された。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study whether exposure to a pulsed radiofrequency electromagnetic field emitted by a mobile phone has short-term effects on saccade (a special eye movement) performances.

詳細情報

The performance of different saccade tasks before and after exposure or sham exposure were studied in 10 normal subjects.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 800 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: continuous for 30 min
  • 電力: 0.8 W peak
  • 電力: 0.27 W mean
  • SAR: 0.054 W/kg average over mass (10 g) (± 0.02 W/kg)

ばく露1

主たる特性
周波数 800 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 30 min
Modulation
Modulation type pulsed
Pulse width 6.7 ms
Duty cycle 33.5 %
Repetition frequency 50 Hz
Additional information

π/4 shifted QPSK; three channel TDMA with 20 ms frame length and 6.7 ms time slot

ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • セルラ-電話
  • connected to a communication tester, set to maximum output
Distance between exposed object and exposure source 3 cm
チャンバの詳細 The setup was the same as that described in [Arai et al., 2003] and [Terao et al., 2006].
ばく露装置の詳細 The handset was held over the right ear in a normal use position with the antenna located about 2 cm from the head and about 3 cm from the brain tissue.
Sham exposure A sham exposure was conducted.
Additional information The subjects spoke to an examiner but not on the phone. The audio circuitry of the phone was disabled.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力 0.8 W peak - - -
電力 0.27 W mean - - -
SAR 0.054 W/kg average over mass 測定値 10 g ± 0.02 W/kg

Reference articles

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
  • 感覚器
  • eye
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Mobile phone exposure had no significant short-term effect on saccade performances.

研究の種別:

研究助成

関連論文