研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (theoretical study)

[電界ストレスのインスリン反応における周波数の影響] tech./dosim.

Effect of frequency on insulin response to electric field stress.

掲載誌: J Phys Chem B 2007; 111 (20): 5748-5756

タンパク質が外部ストレスに反応する正確な方法に関して多くの疑問が残っている。タンパク質の役割は、三次元構造と密接に関係しているため、構造の変化を引き起こす可能性のあるあらゆる種類のストレスへのばく露は、深刻な細胞機能障害を引き起こす可能性を秘めている。これは、今日の環境における電磁気機器の使用増加と人の健康への予測される影響の関連性に特に関係している。以前、我々は、静電気振動の条件下でのインスリン鎖-Bにおける様々な強度の電界の影響を調べた。本論文では、ペプチドを異なる周波数の振動電界にさらすことによって、我々の以前の研究をさらに詳しく述べている。我々は、低周波振動電界の適用がペプチドの静的場的反応をもたらし、それによってタンパク質に本来備わっている柔軟性が抑制され、タンパク質の活動状態へのアクセスを制限する可能性があるところの、周波数に依存する影響を観察した。

ばく露

研究助成

関連論文