研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ラットの胃の神経内分泌細胞及びホルモンに対する超低周波磁界へのばく露の影響力] med./bio.

Influence of exposure to extremely low frequency magnetic field on neuroendocrine cells and hormones in stomach of rats.

掲載誌: Korean J Physiol Pharmacol 2011; 15 (3): 137-142

研究目的(著者による)

ラットの胃の形態及び機能に対する超低周波電磁界ばく露の影響を、慢性ストレス状態の進行との関連で調べること。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 60 Hz
ばく露時間: continuous for 1 or 2 weeks

ばく露1

主たる特性
周波数 60 Hz
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 continuous for 1 or 2 weeks
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 1 m square Helmholtz coils in a wooden frame; winding of 200 turns for each coil split in half for allowing the current to flow in the same sense through each half of the winding (field aiding); coils mounted on a platform; animal cage placed in the center of the coil system
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 0.1 mT - 測定値 - in the center of the coils

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

超低周波磁界ばく露は、ラットの胃におけるガストリン-(増加)、グレリン-(減少)及びソマトスタチン-(減少)陽性の内分泌細胞の分布及び発生率を変化させた。但し、内分泌細胞から血液へのこれらのホルモンの分泌は、ばく露によって有意に変化しなかった。

ばく露と比較して、1及び2週間の超低周波磁界ばく露は、消化管のBaSO4suspension propelling ratioの上昇を生じた。これは、超低周波磁界消化管の運動に影響することを示している。
このデータは、超低周波磁界ばく露が、消化管に固有の制御系の重要な要素である内分泌細胞の活動に影響力を及ぼし得ることを明らかにした。

研究の種別:

関連論文