[パルス磁界はラットの皮膚下の傷治癒を加速させる] med. app.

Pulsed magnetic fields accelerate cutaneous wound healing in rats.

掲載誌: Plast Reconstr Surg 2007; 120 (2): 425-430

本研究は、標準の皮膚傷を無線周波パルス磁界ばく露させた時に起こる生機械的な変化を調べることである。伸張機能が治癒時に強化されるかも調べている。方法:研究は2つのフェーズにわたり、合計100匹のラットを使用している。フェーズ1では、傷を21または60日間、1日に2回30分、1.0Gのパルス磁界ばく露させた。フェーズ2では、プラセボ、二重盲検でラットを3つの異なる振幅磁界(0.02-0.05G)、Ca2+結合伝達経路を仮定して、21日間で1日当たり2回、30分処置した。標準的なテンションメータで0.45mm/秒の負荷を加えて、伸張強度を測定した。結果:フェーズ1での処理グループでの平均伸張は21日では対照よりも48%(p<0.001)高かったが、60日では、差はなかった。フェーズ2では、処理グループで、21日で対照グループと比較して、それぞれ18%、44%および59%増加していた。結論として、この動物モデルで、パルス磁界へのばく露は治癒後21日で伸張強度が有意に増加し、回復が早まることが分かった。

ばく露

関連論文