研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[中間周波数磁界は、微生物遺伝毒性試験において変異原性能、助変異原性能、遺伝子毒性能をもたない] med./bio.

Intermediate frequency magnetic fields do not have mutagenic, co-mutagenic or gene conversion potentials in microbial genotoxicity tests.

掲載誌: Mutat Res Genet Toxicol Environ Mutagen 2008; 649 (1-2): 187-200

本研究では、微生物変異および酵母遺伝毒性の試験を使用して、中間周波数(IF;2kHz、20kHz、60kHz)磁界(MFs)が変異原性、助変異原性、遺伝子変換に及ぼす影響を調べた。2kHzで0.91mT、20kHzで1.1mT、60kHzで0.11mTのような垂直および正弦のIF MFsを発生するヘルムホルツ型ばく露装置を構築した。変異原性、助変異原生、遺伝子変換の分析は、3つのMFばく露条件のそれぞれについて行われた。変異原性試験は、広域点突然変異をカバーするために、ネズミチフス菌の4つの菌株(TA98、TA100、TA1535、TA1537)と大腸菌の2つの菌株(WP2 uvrA、WP2uvrA/pKM101)で行われた。助変異原性試験では、4つの敏感な試験菌株(TA98、TA100、WP2uvrA、WP2uvrA/pKM101)を5つの化学突然変異誘発要因[t-ブチル・ヒドロペルオキシド(BH、ヒドロキシル遊基前駆細胞)、2-(2-フリル)-3-(5-ニトロ-2-フリル)アクリルアミド(AF2)、N-エチル-N’-ニトロ-N-ニトロソグアミジン(ENNG、DNA反応性試薬)、ベンツビレン(BaP)、2-アミノアントラセン(2AA、DNA反応性プロ変異誘起物質)]とともに使用した。遺伝子変換試験は、酵母試験菌株のサッカロマイセス・セノヴィシュXD83で行われた。また、紫外線によるDNA損傷の修復過程に及ぼす影響も調べられた。すべての遺伝毒性試験において、ばく露群と対照群との間で統計的に有意な影響は見られず、IF MFs(2kHzで0.91mT、20kHzで1.1mT、60kHzで0.11mT)は、このようなばく露条件の下で調査された化学突然変異誘発要因に対して、変異原性能や助変異原性能をもたないことを示した。今回の結果では、このようなIF MFは遺伝子変換誘発せず、真核細胞のDNA損傷の修復過程に影響を及ぼさないことを示している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

The purpose of this in vitro study was to evaluate the effects of intermediate frequency magnetic fields on mutagenicity and co-mutagenicity in bacteria and gene conversion in budding yeast cells.

詳細情報

For co-mutagenicity test bacteria were treated with five chemical mutagens: free radical precursor t-butyl hydroperoxide (BH), DNA reactive reagents 2-(2-furyl)-3-(5-nitro-2-furyl) acrylamide (AF2) and N-ethyl-N-nitro-N-nitrosoguanidine (ENNG), benzpyrene and DNA reactive promutagen 2-aminoanthracene (2AA). As a negative control solvent was used in place of the mutagen solution. Positive controls were performed with known mutagens. Each experiment was repeated at least five times.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2 kHz
ばく露時間: continuous for 48 h
ばく露2: 20 kHz
ばく露時間: continuous for 48 h
ばく露3: 60 kHz
ばく露時間: continuous for 48 h

ばく露1

主たる特性
周波数 2 kHz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 continuous for 48 h
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 cells in plastic incubator between coils
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 0.91 mT effective value 測定値 - -

ばく露2

主たる特性
周波数 20 kHz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 continuous for 48 h
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 1.1 mT effective value 測定値 - -

ばく露3

主たる特性
周波数 60 kHz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 continuous for 48 h
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 0.11 mT effective value 測定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The exposure to intermediate frequency magnetic fields did not show statistically significant effects neihter in mutagenicity nor in co-mutagenicity bacterial test. In addition, no changes in gene conversion were found in yeast cells.

研究の種別:

関連論文