研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[アカガエルに対するホメオパシー調製したチロキシンの影響:電磁界の影響] med./bio.

The effect of homeopathically prepared thyroxine on highland frogs: influence of electromagnetic fields.

掲載誌: Homeopathy 2008; 97 (1): 3-9

この研究は、高度に希釈され攪拌されたチロキシン溶液に電磁界ばく露を与え、その溶液がヨーロッパアカガエル(highland rana temporaria)の変態に影響するか否かを調べた。電磁界ばく露に用いたテストデバイスは、電子レンジ携帯電話、空港のX線検査装置、赤外線バーコードスキャナである。カエルのオタマジャクシは、標準プロトコルに従って、3種類の溶液((1)ホメオパシー希釈されたサイロキシン(重量で10-30倍、動物が飼育されている水中においては10-35倍)、(2)同様に希釈されたブランク溶液、(3)同様に希釈されたサイロキシン溶液にテストデバイスの1つからの電磁界ばく露を与えたもの)を48時間投与された。その結果、標準試験溶液である10-30倍希釈チロキシン液の投与群は、対照群よりも変態速度が遅かった;すなわち、ホメオパシー希釈チロキシンは、チロキシンの通常の生理学的作用(変態促進)に対抗する効果を示した;この処理群では、規定の時間内に4本足の段階に達したオタマジャクシの累積数は他の群に比べ少なかった;対照的に、チロキシン溶液が、初期モデルの電子レンジまたは携帯電話からの電磁界ばく露を受けた場合、このような遅延効果は発生しなかった;一方、空港のX線検査装置、赤外線バーコードスキャナからの電磁界は、ホメオパシー希釈液の効果を低下させなかった、と報告している。

研究目的(著者による)

高地カエルの変態に対する各種の電磁界電子レンジ携帯電話、空港エックス線検査、バーコードスキャナ)にばく露したサイロキシン溶液の影響を調べること。

詳細情報

合計2980匹のカエル(Rana temporaria)を用いた。1群をホメオパシー的に作成したサイロキシン溶液(n=860)、もう1群を同様に作成した溶媒水(n=860)で処理した。残りの1160匹は、異なる電磁界電子レンジ携帯電話、エックス線、赤色光スキャン)にばく露した異なる試験溶液(水、エタノールサイロキシン)で処理した。それぞれの実験で、1群を対象物質で処理し、1群を標準的な検査溶液で処理した。変態の累積頻度を毎日集計した。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz–2.45 GHz
ばく露時間: continuous for 100 s
ばく露2:
ばく露時間: see add. information
ばく露3:
ばく露時間: see below
-
ばく露4: -

General information

A total of 2980 animals was used: 20 animals each in 149 white plastic basins forming a total of 21 groups according to the treatment protocol. Three µl of probe solution (WD30 or TD30) were added per animal and per 300 ml of basin water at intervals of 48 h. The basins were arranged in rows of 3-5 according to the number of substances used in the experiment. The spatial arrangement within rows rotated from row to row, so that basins with identical treatment groups were arranged in diagonals.

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz–2.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 100 s
Additional information 2.45 GHz and 50 Hz
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • microwave oven (an early model)
ばく露装置の詳細 Two samples of aqueous thyroxin solution TD30 were exposed in vials placed immediately next to the microwave oven. One of the samples was wrapped in two layers of commercial aluminium foil. A third sample of TD30 and the water control WD30 were left unexposed in a separate room.
Additional information In a further experiment, thyroxin samples and the water control were prepared with 42% v/v ethanol instead of water. One sample was exposed and another one was not exposed. There was no sample wrapped in aluminium foil involved.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 110 µT - 測定値 - 50 Hz
電界強度 5 V/m - 測定値 - 50 Hz
電力密度 10 mW/m² - 測定値 - 2.45 GHz

ばく露2

主たる特性
周波数
タイプ
  • electromagnetic field
特性
  • near field
ばく露時間 see add. information
Additional information mobile phone not specified
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • セルラ-電話
Distance between exposed object and exposure source 0 cm
ばく露装置の詳細 Two samples of TD30 were exposed in vials placed immediately (0 cm) next to the mobile phone. One of the samples was wrapped in aluminium foil. A third sample was exposed at a distance of 25 cm.
Additional information Five successive call setups were performed with intermediate return to standby.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 300 nW/m² - 測定値 - in standby
電力密度 339 nW/m² - 測定値 - during call setup

ばく露3

主たる特性
周波数
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 see below
Additional information X-rays
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • X-ray device
ばく露装置の詳細 Two samples of TD30 were exposed in vials passing four times through an X-ray luggage inspection device at a conveyor speed of 0.2 m/s at an airport during routine operation. One of the samples was wrapped in aluminium foil.
パラメータ

No parameters are specified for this exposure.

ばく露4

主たる特性
周波数
タイプ
  • electromagnetic field
Additional information red light (660 nm)
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • barcode scanner
ばく露装置の詳細 One sample of TD30, bearing a paper label with a barcode, was exposed once to a red light barcode scanner.
パラメータ

No parameters are specified for this exposure.

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

標準的なサイロキシン検査溶液で処理した動物対照群よりも緩慢であった。即ち、ホメオパシー的に作成したサイロキシンの影響はサイロキシン分子の通常の生理学的影響の逆であった。対照的に、サイロキシン溶液を電子レンジまたは携帯電話電磁界ばく露した場合、この影響は生じなかった。水溶液とアルコール溶液で差はなかった。空港エックス線検査及び赤色光バーコードスキャンへのばく露では、ホメオパシー溶液の影響は減少しなかった。

研究の種別:

関連論文