研究のタイプ: インプラント/医用機器に関する研究 (experimental study, theoretical study)

[低周波磁界のばく露を受けた植込み型心臓ペースメーカに関する実験的および理論的検討] dev./impl.

Experimental and theoretical investigation of implantable cardiac pacemaker exposed to low frequency magnetic field.

掲載誌: J Clin Monit Comput 2009; 23 (2): 63-73

この研究は、低周波磁界ばく露を受けた植込み型心臓ペースメーカに生じる電磁干渉に関するインビトロ実験研究である。基本的には、ペースメーカと負荷およびその周囲の媒質によって形成されるループを介した誘導結合による相互作用を検討した。この相互作用により、ペースメーカの端子間に誘導電力が生じ、これがペースメーカの動作を妨害する可能性を有する。試験は、電界の周波数50/60 Hzおよび10/25 kHzにおいて、シングルチャンバーおよびデュアルチャンバーの心臓ペースメーカ数機種で行われた。その結果、4つの周波数において、心臓ペースメーカの検出回路の窓効果が示された;周囲媒質中に埋められたペースメーカを簡略化して表現し、解析的計算と数値シミュレーションにより磁界の相互作用をモデル化して得られた理論的検討の結果は、試験ベッドを用いた実験で検証された;この研究で用いた方法は、心臓除細動器インプラント補聴器システムなどの他の医療用インプラントにも有効と思われる、と報告している。

ばく露

ばく露の詳細情報なし

関連論文