[均一および不均一電力周波磁界のヒト解剖学的モデルでの誘導電流] tech./dosim.

Currents induced in anatomic models of the human for uniform and nonuniform power frequency magnetic fields.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2001; 22 (2): 112-121

2 x 2 x 3 and 6mm解像度の解剖的に基づいた人体モデルを60Hz磁界ばく露させた時の電流を計算するために、準静的なインポーダンス法を使用した。ACGrn とICNIRP安全ガイドラインで推奨されている1または0.417mTの2方向の均一磁界を、松果体を含むさまざまな臓器の誘導電界電流密度を計算するために使用した。脳や脊髄などの中枢神経系の最大1cm2の平均誘導電流密度は、ICNIRPガイドラインが提示している磁界(60Hzで0.417 mT)で示唆される参照レベル10mA/m2内であった。組織伝導性は重要な役割をもっており、組織伝導性を高いとすると、高い電流密度誘導される。非均一磁界であるヘヤドライアとヘアクリッパの磁界での誘導電流分布も求めた。後者の機器はかなり磁界が高いので、高い誘導電界電流密度が得られた。

ばく露

関連論文