研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ケージタンパク質からの鉄の放出に対する無線周波磁界の影響] med./bio.

Effects of radio frequency magnetic fields on iron release from cage proteins.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2009; 30 (5): 336-342

この研究は、鉄ケージタンパク質であるフェリチンに対する高周波磁界の影響を調べた。フェリチンは、すべてのタンパク質の中で最も高い正味磁気モーメントを持ち、細菌からヒトまでの生物に存在し、重要な生物学的役割を持つため、分子スケールでの高周波磁界の影響を研究する対象として優れた候補の一つである。フェリチンには、有害なFe2 +イオン酸化吸収により形成される超常磁性フェリハイドライトナノ粒子が含まれている。このナノ粒子は、交番磁界ばく露を受けると、磁化の遅れが原因となってその内部エネルギーが増加する。その後、エネルギーは周囲のタンパク質ケージに放散され、その機能に影響を与える。今回の実験では、ヘルムホルツコイルを用いて、周波数250 kHz - 2 MHzの高周波磁界を、磁束密度15、30、45、60 μTで、最長9時間のばく露フェリチン溶液に与えた。光学マーカであるフェロジンを用いて、鉄のキレート化速度を評価した。その結果、事前に1MHz、30 μTの高周波磁界への数時間のばく露を与えたタンパク質において、鉄のキレート化速度は最大で3分の1低下した;この作用は非熱的であり、磁界の周波数と振幅の積に依存して低下する、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the effects of radiofrequency magnetic fields in ferritin.

詳細情報

The iron cage protein ferritin is an obvious candidate to study the effects of radiofrequency magnetic fields at the molecular scale, because it has the highest net magnetic moment of all proteins and plays an essential biological role, being present in organisms from bacteria to humans. Ferritin oxidizes the harmful Fe2+ ions and stores them in the cavity, forming a ferrihydrite nanoparticle with up to 4,500 iron ions.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 250 kHz–2 MHz
ばく露時間: up to 9 h

ばく露1

主たる特性
周波数 250 kHz–2 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 up to 9 h
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
Distance between exposed object and exposure source 1 m
ばく露装置の詳細 1 cm high Helmholtz coils with a diameter of 9 cm, separated by 5 cm
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 15 µT minimum 計算値 - -
磁束密度 30 µT - 計算値 - -
磁束密度 45 µT - 計算値 - -
磁束密度 60 µT maximum 計算値 - -
電界強度 0.1 V/m - 測定値 - at 250 kHz
電界強度 0.4 V/m - 測定値 - at 2 MHz

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The data show that the rates of iron chelation with ferrozine are reduced by up to a factor of three in proteins previously exposed to radiofrequency magnetic fields of 1 MHz and 30 µT for several hours. The effect is non-thermal and depends on the frequency-amplitude product of the magnetic field.

研究の種別:

研究助成

関連論文