研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[磁界ばく露と心臓血管系での死亡率:1973-1997年の英国発電所と送電線作業員に関する研究結果] epidem.

Mortality from cardiovascular disease in relation to magnetic field exposure: findings from a study of UK electricity generation and transmission workers, 1973-1997.

掲載誌: Am J Ind Med 2004; 45 (1): 93-102

磁界ばく露心拍変動に影響し、その結果不整脈に関連した死亡をもたらすかもしれないとする実験・疫学研究がある。本研究では、英国・ウエールズでCEGBに雇用されていた83, 997名のコホートの死亡を1973-1997年で調べた。コホートは1973年から1982年に少なくとも6ヶ月雇用されていた。1971年から1993年で79, 972名の対象者から計算機入力された作業履歴を使用し、磁界ばく露は計算によった。解析は、間接的な標準化(n=83, 997)とポアソン回帰(n=79, 972)で行った。その結果、英国・ウエールズの死亡率から見ると、心臓血管系の4つの死亡率は期待より小さかった:不整脈に関連する疾病(ICD-9 426-7)では観察値が32(期待値が43.5)、標準化死亡率(SMR)は74、心筋梗塞ICD-9 410)では観察値が3, 320(期待値は3878.3)、SMRが86;動脈硬化(ICD-9 440)では観察値が25(期待値が39.2)、SMRは64;慢性的/亜慢性的な冠状動脈疾患ICD-9 411-414)では、観察値が1, 552(期待値が2021.7)、SMRが77であった。累積磁界ばく露また、最近の5年間でのばく露で見て、4つの疾病でリスクが増加する統計的な傾向はみられない。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

関連論文