研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[非常に弱い交流磁界ばく露を受けたヒトでの心臓リズムの変化] med./bio.

Modulation of cardiac rhythm in the humans exposed to extremely weak alternating magnetic fields.

掲載誌: Biophysics 2008; 53 (6): 648-654

この研究は、ボランティア実験で、非常に弱い2つの磁束密度(1.6または0.19 µT)の交流磁界をさまざまなばく露条件で与えた場合のヒトの心拍変動への影響を調べた。被験者(男性17人、女性8人)は、大型のメリットコイルシステム(2×2×2 m3)内に設置された木製の椅子に座り、交流磁界への全身ばく露を受けた。ばく露条件は、76 Hz、1.6 µT;3 kHz、0.19 µT;18.8 Hz、1.6 µT;30.65 Hz、1.6 µTの4通りで、いずれもばく露時間は15 - 40分間連続とした。その結果、非常に弱い交流磁界へのばく露が、ヒトでのストレスの大きさの増加および減少を引き起こすかもしれないことが示された;特に、水素原子の核スピンに一致する磁界(1.6 µT、76 Hz)は、バエフスキー心臓ストレス指数を減少させ、いくつかの原子の軌道電子が形成する磁気モーメントに一致する磁界(0.192 µT、3000 Hz)は、この指数を増加させた;以上の知見は、特定のタイプの非常に弱い交流磁界がヒトの心臓血管系に与える影響のメカニズムの説明の一つの候補であるかもしれない、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the effects of extremely weak alternating magnetic fields of various types on the heart rate variability in humans.

詳細情報

25 volunteers (17 men, 8 women) participated.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 76 Hz
ばく露時間: continuous for 15 min. to 40 min.
ばく露2: 3 kHz
ばく露時間: continuous for 15 min. to 40 min.
ばく露3: 18.8 Hz
ばく露時間: continuous for 15 min. to 40 min.
ばく露4: 30.65 Hz
ばく露時間: continuous for 15 min. to 40 min.

ばく露1

主たる特性
周波数 76 Hz
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 continuous for 15 min. to 40 min.
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • four square coils in Merrit's configuration
ばく露装置の詳細 inner coils with 36 turns of 0.5 mm diameter copper wire, outer coils with 85 turns of the same wire; wooden chair placed inside the coil system for the volunteers to be seated
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 1.6 µT - - - -

ばく露2

主たる特性
周波数 3 kHz
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 continuous for 15 min. to 40 min.
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 0.192 µT - - - -

ばく露3

主たる特性
周波数 18.8 Hz
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 continuous for 15 min. to 40 min.
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 1.6 µT - - - -

ばく露4

主たる特性
周波数 30.65 Hz
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 continuous for 15 min. to 40 min.
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 1.6 µT - - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The data showed that the extremely weak alternating magnetic field exposure could both increase and decrease the magnitude of stress in humans. In particular, the field tuned to the nuclear spins of hydrogen atoms (1.6 µT, 76 Hz) decreased the Baevsky stress index, whereas the field tuned to the magnetic moments formed by the orbiting electrons in some atoms (0.192 µT, 3000 Hz) increased this index.
These findings provide a possible explanation for the mechanisms of adverse effects caused by extremely weak alternating magnetic fields of certain types on the human cardiovascular system.

研究の種別:

研究助成

関連論文