研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study, review/survey)

[ラットの血液パラメータおよび行動に対する144MHz RF電磁界の影響] med./bio.

Effects of 144 MHz RF electromagnetic fields on the blood parameters and behavior of rats.

掲載誌: Biological Effects of Electromagnetic Radiation Springer, 2003: 603-623, ISBN-13 978-3-540-42989-0, ISBN-10 3540429891

この研究は、許容限度値をわずかに超える強度と周波数の高周波RF電磁界が、ラット血液パラメータおよび行動に変化を与えるか否かを調べた。雌雄の43匹のWistarアルビノラット対照群18匹、RFばく露群25匹)を代謝ケージに入れた。ばく露群のラットは、周波数144 MHz電力密度12.5W/ m2のRF電磁界ばく露を24時間/日で21日間与えた。この21日間、餌と水の消費量、体重、尿と糞便の量、直腸温、湿度、圧力、ケージの温度を測定した。ばく露終了時に、全ラット高架式十字迷路タスクとホールボードタスクを実施し、不安および行動の変化を評価した。また、尾端からの採血し、赤血球、トロンボサイト、Hct、Hb、出血時間および凝固時間、白血球および白血球の型を測定し、尿中のバニリルマンデル酸(VMA)量を測定した。その結果、どの評価パラメータにおいても、ばく露群と対照群の間に有意な差は見られなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(acc. to editor)

The article comprises a survey about the effects of electromagnetic fields on the thermoregulation, behavior, effects on haematopoietic system and immune system of rats and some experimental data.

詳細情報

43 rats were divided into one control group (n=18) and one exposure group (n=25).

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 144 MHz
ばく露時間: continuous for 24 hr/day on 21 days

ばく露1

主たる特性
周波数 144 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 24 hr/day on 21 days
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • RF antenna
ばく露装置の詳細 1.5 mm thick copper plates (45 cm x 25 cm) placed on both sides of the cage and connected via a coaxial cable to the RF antenna
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電界強度 55 V/m - 測定値 - -
磁界強度 0.22 A/m - 測定値 - -
磁束密度 0.276 mT - 計算値 - -
電力密度 12.25 W/m² - 計算値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The data didn't show any significant difference between the exposure group and the control group for any parameter investigated.

研究の種別:

研究助成

関連論文