研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[酵素の活性に対する2.45 GHzマイクロ波放射の影響] med./bio.

Influence of 2.45 GHz microwave radiation on enzyme activity.

掲載誌: Radiat Environ Biophys 1981; 19 (2): 149-156

この研究は、酵素アセチルコリンエステラーゼおよびクレアチンホスホキナーゼ)にインビトロで2.45GHzマイクロ波ばく露を与え、その後の酵素の活性への影響を調べた。ばく露を受けた酵素溶液のSARは、1、10、50および100mW / gとした。結果として、これらのSARでは、対照群およびばく露群の温度が同一に保たれた場合、どちらの酵素の活性もマイクロ波ばく露の影響を受けなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To determine the effect of microwave exposure on the activity of two commercially available enzymes (acetylcholinesterase and creatine phosphokinase) under controlled thermal conditions at different specific absorption rates.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.45 GHz
ばく露時間: continuous for 10 min

ばく露1

主たる特性
周波数 2.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 10 min
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • s-band waveguide
ばく露装置の詳細 tube with cells positioned in the waveguide
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 1 mW/g - 測定値 - -
SAR 10 mW/g - 測定値 - -
SAR 50 mW/g - 測定値 - -
SAR 100 mW/g - 測定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露中

研究の主なアウトカム(著者による)

Under controlled constant thermal conditions the activity of both enzymes was not affected by microwave exposure in vitro.

研究の種別:

研究助成

関連論文