[電気的な分極と生体システムの活性: イオンサイクロトロン共鳴様の相互作用] tech./dosim.

Electric Polarization and the Viability of Living Systems: Ion Cyclotron Resonance-Like Interactions.

掲載誌: Electromagn Biol Med 2009; 28 (2): 124-134

健康とは、物理的な用語で描写すれば、有機体の電気的分極ベクトルP(r, t)の関数である一つの状態といえよう。ベクトルPは、電界侵入(印加)により、あるいは非侵入的な外部パルス磁界(PMF)や静及び正弦波磁界イオンサイクロトロン共鳴(ICR)の組み合わせにより、変化させることができる。ヒトの(全)体の生体インピーダンスにおける変化は、ICR磁界の組み合わせへのばく露の間、顕著に変化する。溶液中の極性アミノ酸の導電性は、アミノ酸の質量対電荷の特異的な比に同調させたICR磁界で鋭い不連続を示す。タンパク質ペプチド結合は、このようなアミノ酸ICR界によって壊される、ということが報告されている。注目すべきことに、これらの効果のいくつかは、0.5μT下の、超低AC磁界でしか見出されない。これはほぼ、工学的な見積もりにより決まるレベルより10^3も低い。このような、驚くように低い磁界強度は、物理的に等しい内生の微弱電界振動の存在を暗示する。これらの結果は、電磁汚染に関連した訴えにより信憑性を与えるのみならず、未来における医療への電磁気適用の基礎を提供する。また、これらの結果は、生体システムにおける電気的な極性に影響を働きかける物理的因子が、生物学におけるキーとなる役割を果たすという考えを補強する。

ばく露

関連論文