研究のタイプ: 疫学研究 (exposure assessment/dosimetric study)

[子供及び若年者の社会経済状態と携帯電話ネットワークへのばく露との関連] tech./dosim.

The association between socioeconomic status and exposure to mobile telecommunication networks in children and adolescents.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2010; 31 (1): 20-27

この横断調査は、ドイツのMobilEe研究の一環として得られた、1481名の子供と1505名の若者携帯電話使用に関するインタビュー・データ、社会人口学的特性、潜在的交絡因子個人ばく露計による24時間ばく露プロファイルを利用して、自己申告された携帯電話使用と社会経済状況(SES)との関連を分析した。起きている時間の平均ばく露レベルは、ICNIRPガイドラインの参考レベルに対するパーセンテージで表示した。その結果、子供も若者もSESの低い方が高い方より使用時間申告値が長かったが、SESとばく露レベルの間には子供も若者も関連はなかったと報告している。

ばく露

関連論文