研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (review/survey)

[無線周波電磁界への局所ばく露後のラット脳における微小循環パラメータの直接観察] med./bio.

Direct observation of microcirculatory parameters in rat brain after local exposure to radio-frequency electromagnetic field.

掲載誌: Environmentalist 2009; 29 (2): 186-189

この論文は、無線周波電磁界への急性または亜慢性ばく露ラットの脳微小循環に及ぼす影響を調査した著者らの最近の論文(増田ら2007aおよび増田ら2007b)を概説している。著者らはこの実験専用に、頭蓋窓法(頭頂部に植え込んだ閉鎖型の観察窓)を改変した。これにより、モノポールアンテナから発する高周波電磁界の局所的ばく露を受けた後のSDラットにおいて、血液脳関門透過性を含む脳微小循環の観察が可能になった。急性ばく露実験では、1,439 MHzのRF-EMFを10分間、頭部に局所ばく露を与えた。脳での局所SARは0.6、2.4、4.8 W/ kg(これに対応する全身平均SARはそれぞれ、0.16、0.64、1.28 W/ kg)とした。亜慢性ばく露実験では、1,439 MHz RF-EMFを60分間/日の頭部局所ばく露を5日/週で4週間継続した。脳の平均は2.4 W/ kgであった。これら2つの論文の結論として、RF-EMFばく露による脳微小循環パラメータの顕著な変化は観察されなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

The report reviews recent publications of the authors (Masuda et al. 2007a and Masuda et al. 2007b) that investigated the effect of acute or subchronic exposure to radiofrequency electromagnetic fields on the cerebral microcirculation in rats using the monopole antenna that enabled local exposure to the brain. The report also shows the experimental details.

詳細情報

A "closed cranial window" was implanted into the parietal region.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 1,439 MHz
ばく露時間: continuous for 10 min
acute exposure
  • SAR: 0.6 W/kg average over mass (brain)
  • SAR: 2.4 W/kg average over mass (brain)
  • SAR: 4.8 W/kg average over mass (brain)
  • SAR: 0.16 W/kg average over mass (whole body)
  • SAR: 0.64 W/kg average over mass (whole body)
  • SAR: 1.28 W/kg average over mass (whole body)
ばく露2: 1,439 MHz
ばく露時間: continuous 60 min/day, 5 days/week for 4 weeks
sub-chronic exposure
  • SAR: 2.4 W/kg average over mass (brain)

ばく露1

主たる特性
周波数 1,439 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
特性
  • near field
ばく露時間 continuous for 10 min
Additional information acute exposure
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 head of the rat positioned towards the antenna
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 0.6 W/kg average over mass - brain -
SAR 2.4 W/kg average over mass - brain -
SAR 4.8 W/kg average over mass - brain -
SAR 0.16 W/kg average over mass - whole body -
SAR 0.64 W/kg average over mass - whole body -
SAR 1.28 W/kg average over mass - whole body -

ばく露2

主たる特性
周波数 1,439 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
特性
  • near field
ばく露時間 continuous 60 min/day, 5 days/week for 4 weeks
Additional information sub-chronic exposure
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 2.4 W/kg average over mass - brain -

Reference articles

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

No noticeable changes in the cerebral microcirculatory parameters due to radiofrequency electromagnetic field exposure were found. For further details see Masuda et al. 2007a and Masuda et al. 2007b.

研究の種別:

研究助成

関連論文