[低周波パルス状電磁界ばく露は人間の神経処理を変更する可能性がある] med./bio.

Low-frequency pulsed electromagnetic field exposure can alter neuroprocessing in humans.

掲載誌: J R Soc Interface 2010; 7 (44): 467-473

低周波磁界(DCから300Hzまで)は、カタツムリ、齧歯類および人間の痛覚感受性に影響を与えることが示された。ここに、機能的磁気共鳴画像法研究は、これらの磁界神経変調効果が健常志願者の急性熱痛の処理にどのように影響を与えるかを明らかにする。同側(右側)島、前帯状領域および両側海馬/尾状領域へのばく露に関して、偽ばく露グループとばく露グループの間で重大な相互作用が発見された。この相互作用は、ばく露前とばく露後の間の活性化においても発見された。これらの結果は、低強度低周波磁界へのばく露によって誘発された神経変調が機能的脳画像法によって人間において観測され得ること、および、これらの効果に対する検出メカニズムが方向性とナビゲーションに対して動物で使用されたものとは異なるかもしれないことを初めて示している。磁気の受信は現在の見解よりももっと一般的なものであるのかもしれない。

ばく露

関連論文