[論説:携帯電話電磁界によるDNA切断(Diem 2005)に対する批判のコメント] comment

Critical comments on DNA breakage by mobile-phone electromagnetic fields [Diem et al., Mutat. Res. 583 (2005) 178-183].

掲載誌: Mutat Res Genet Toxicol Environ Mutagen 2010; 697 (1-2): 60-65

2005年の論文[Diemら、Mutation Research 583: 178-183]は、携帯電話電磁界ばく露後のラットやヒト細胞で有害な影響(DNA 切断)が生じることを報告した。この報告及び同一著者らによる別の論文における極めて小さな標準偏差を見て、Vijayalaxmiは直ちに批判のコメントを書いた[Mutation Research 603: 104-106, 2006]。著者回答[Rudiger et al., Mutation Research 603: 107-109, 2006]に書かれたデータに基づき、今回のコメント論文の第一著者Lerchlもレターを書き、そのレターによりウィーン大学医学部の調査が開始された。大学が公表した3件の報道発表では、「データは実験的に測定されたものではなく、捏造された」、「Mutation Research誌の論文と2008年にInternational Archives of Occupational and Environmental Health(IAOEH)に公表された別の論文を取り消すべきである」と述べている。しかし、未だどれも取り消されていない。IAOEH編集者による懸念のレターとMutation Research誌の論説が公表されただけである。今回のコメント論文は、このデータ捏造の証拠を突き止めるために用いた統計学的手法について述べている。データ変動があり得ない小ささであること、最終桁の明らかな不均等分布など捏造であることを示す証拠を提示し、当該論文全ての取り消しを求めている。

ばく露

コメントがつけられた論文