研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (observational study)

[ラトビアのSkrunda位置探知無線局の地区に居住する学生の運動及び心理機能] med./bio.

Motor and psychological functions of school children living in the area of the Skrunda Radio Location Station in Latvia.

掲載誌: Sci Total Environ 1996; 180 (1): 87-93

この研究は、1971年から運用され、1998年までの運用予定されているラトビアのSkrunda Radio Location Station(早期警戒レーダーシステム;動作周波数156 - 162 MHz)の周辺地域に居住する学童に身体検査を実施した。その結果、運動機能、記憶および注意力において、ばく露群と対照群の間に有意差が見られた; RLSに面して居住している小児では、記憶注意の発達低下が見られ、反応時間が遅くなり、神経筋装置の耐久力が低下していた、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

The report summarises the data of a study of the development of some motor and psychological functions of children who were born and constantly live under conditions of chronic electromagnetic field exposure in the Skrunda area. The Skrunda radio station is a pulse radar station and has operated for more than 25 years in a populated region of Skrunda, Latvia.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 154–162 MHz
Modulation type: pulsed

ばく露1

主たる特性
周波数 154–162 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
Modulation
Modulation type pulsed
Pulse width 0.8 ms
Repetition frequency 24.4 Hz
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • radar
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 3.205 mW/m² mean 測定値 - at 3.7 km
電力密度 164.27 mW/m² peak 測定値 - at 3.7 km

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Motor function, memory and attention significantly differed between the exposed and control groups. Children living in front of the station had less developed memory and attention. Their reaction time was slower and their neuromuscular apparatus endurance was decreased.

研究の種別:

研究助成