研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[チャイロコメノゴミムシダマシ幼虫の多様な行動に対する弱い電磁照射の影響] med./bio.

Effects of weak electromagnetic irradiation on various types of behavior in the mealworm Tenebrio molitor.

掲載誌: Neurosci Behav Physiol 2010; 40 (8): 863-868

この研究は、甲虫の一種チャイロコメノゴミムシダマシ(Tenebrio molitor)の幼虫の単純な行動形態に対する弱い電磁照射の影響を調べた。甲虫の運動行動試験は、異なる動機づけ条件、すなわち、ポジティブ(食物)とネガティブ(光の回避)の条件で実施した。甲虫は、目標(ジャガイモまたは光の遮蔽物)に到達するために、一定の空間をナビゲートしなければならなかった。ばく露群および対照群はそれぞれ 5 – 10群(各n = 10)用意され、各群の甲虫は5日間、1日1回の試行を実施した。同じ実験が1年間に4 - 5回、季節を変えて実施された。目標到達時間は各群単位で測定した。その結果、電磁界ばく露群および無ばく露群の両方において行動は次のように発達した:すなわち、初期段階でオリエンテーション反応が現れ、その後に装置への適応が起きた;弱い電磁界へのばく露は、実験の初期段階での応答時間の増加をもたらした;電磁界へのばく露の影響は本質的に季節性であり、2つのタイプの行動(ポジティブおよびネガティブの動機付けられた行動)において異なっていた、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the effects of weak electromagnetic fields on simple forms of behavior using Tenebrio molitor beetles.

詳細情報

Each experiment consisted of 5-10 exposed groups and 5-10 control groups (each group = 10 beetles). One trial per day was performed with each group of beetles for five days. Each experiment was repeated 4-5 times at different times of the year.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 36 GHz
ばく露時間: continuous for 15 min

ばく露1

主たる特性
周波数 36 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 15 min
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • frequency generator
Distance between exposed object and exposure source 15 cm
ばく露装置の詳細 beetles exposed on the day before or immediately before the behavior experiments
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 100 µW/cm² - - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

All groups showed an initial orientation reaction which was followed by an adaptation to the apparatus during the last days of the experiment (decreased reaction time). Exposure to weak electromagnetic irradiation led to increases in the reaction times at the initial days of the experiments (during orientation reaction), but had no effect on subsequent adaptation. The effects of irradiation were seasonal in nature and differed in the two types of behaviour (the effects were weaker in negative phototaxis reactions than in food-related behaviour).

研究の種別:

研究助成

関連論文