研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[男性の乳がんに関する職業的ばく露] epidem.

Occupational exposures associated with male breast cancer.

掲載誌: Am J Epidemiol 1994; 139 (1): 30-36

熱と電磁界への職業ばく露を男性の乳がんの症例-対照研究で調べた。1979-1988年のpニューヨーク州腫瘍登録所に報告されている71名の症例を256名の健常者を対照群と比較した。対照は症例と、人種、診断年、ならびに5年間の間隔での年齢を一致させた。熱へのばく露に職業的に接した男性は疾病のリスクが高かった。年齢と住居地とを調整したオッズ比は2.3(95%CI: 0.95-5.39)であった。職業上の加熱ばく露精巣機能に影響する。電磁界への職業ばく露でのオッズ比は0.7(95%CI: 0.2-1.9)でリスクの増加はなかった。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

関連論文