研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[キイロショウジョウバエにおけるマイクロ波放射の変異原性作用に関するネガティブな試験結果] med./bio.

A Negative Test for Mutagenic Action of Microwave Radiation in Drosophila melanogaster.

掲載誌: Mutation Research - Genetic Toxicology 1979; 68 (3): 217-223

この研究は、ショウジョウバエ(Drosophila melanogaster)の変異原性について、マイクロ波放射(2450MHz CW)を試験した。水中の胚に、SAR100W / kgでマイクロ波ばく露を与えた。感度試験手法を用い、眼の色素沈着についての体細胞突然変異の発生頻度を変異原性の指標として測定した。結果として、マイクロ波突然変異誘発活性を示さなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study whether 2450 MHz microwave radiation (CW) could induce somatic mutations in young embryos of Drosophila melanogaster. A genetic system was used comprising a transposable genetic element in the X-chromosome.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.45 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: continuous for 6 h
  • SAR: 100 W/kg mean

ばく露1

主たる特性
周波数 2.45 GHz
ばく露時間 continuous for 6 h
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
Distance between exposed object and exposure source 0.4 m
チャンバの詳細 A magnetron was coupled to a waveguide which was terminated with a horn antenna. The wall behind the sample was lined with microwave absorbing material.
ばく露装置の詳細 Control samples were treated the same way except for the exposure to microwaves.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 100 W/kg mean 電力損失による決定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Microwave radiation at 2450 MHz (SAR 100 W/kg) has no detectable genetic effect on the test system used.

研究の種別:

研究助成