[酵母における紫外線誘発変異と有糸分裂組換えに対する60 Hz磁界の影響] med./bio.

Effect of 60-Hz magnetic fields on ultraviolet light-induced mutation and mitotic recombination in Saccharomyces cerevisiae.

掲載誌: Mutation Research - Letters 1992; 283 (4): 279-286

この研究の目的は、遺伝子損傷誘発に関するELF磁界の影響を調べることである。ELF磁界を含み、変異研究は一般的にネガティブである。しかし、姉妹染色分体交換染色体異常を調べる研究では相矛盾した結果をもたらしている。この研究では、60Hz磁界が酵母において変異や有糸分裂組換えを誘発する機能があるかどうかを調べた。また、磁界紫外線(254nm)に対し、酵母の遺伝子的反応を変化させる機能があるかどうかも調査した。1mTの磁界ばく露または2-50J/m2の紫外線ばく露と一緒にしたばく露で、変異、遺伝子変化などが誘導される頻度を測定した。ここでは、RAD+とrad3株を利用して行った。rad3は紫外線誘発チミンダイマー切断しない。磁界ばく露は、これらの菌株に対し、変異や遺伝子変換紫外線誘発遺伝子事象頻度に影響しなかった。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

関連論文