[磁界ばく露によるショウジョウバエ体細胞組み換え率の増加とビタミンE供給による抑制] med./bio.

Increase in the mitotic recombination frequency in Drosophila melanogaster by magnetic field exposure and its suppression by vitamin E supplement.

掲載誌: Mutation Research - Fundamental and Molecular Mechanism of Mutagenesis 1997; 373 (1): 55-60

<目的>5テスラ直流磁界の変異原性の有無を明らかにすること。 <方法>X染色体上のDNA修復欠損突然変異を導入したショウジョウバエを5Tの直流磁界に24時間曝露し、羽化後、羽のスポット数を数えることにより突然変異の有無を調べた。 <結果および結論>直流磁界は、細胞の有糸分裂に際して染色体の組み換えを上昇させていたが、抗酸化剤であるビタミンEを供給しながら磁気曝露を行ったところ、この上昇は抑制された。しかし磁界曝露による染色体の分離、末端欠失は認められなかった。

ばく露