研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[致死的感電処置されたラットでのプルキンエ線維数の減少] med./bio.

Reduction in Purkinje fiber number in rats undergone fatal electrocution.

掲載誌: Am J Forensic Med Pathol 2012; 33 (1): 19-21

この研究は、ラットを用いた実験で、致死的感電の状況における心臓伝導組織プルキンエ線維の変化を調べた。合計16匹のSDラットを、感電死群と対照群の2群に分けた。全ラットペントバルビタールナトリウムで深麻酔した。感電死群では、8匹すべてのラットに致死的レベルの電気ショック(220 V、50 Hz)を与えた後、頸椎脱臼を行った。対照群では、8匹のラットすべてに頸椎脱臼を行った。全ラットで、死後に心臓を迅速に摘出し、1 %パラホルムアルデヒド灌流した後、左心室前壁(LVAW)の組織を単離した。続いて、プルキンエ線維の微視的構造を、ヘマトキシリンおよびエオシン染色法により分析した。その結果、プルキンエ線維の大部分は、LVAWの心筋群の中に局在していた;対照群に比べ、感電死群ではプルキンエ線維発現が有意に減少した;対照群のLVAWにおけるプルキンエ線維の推定数は、感電死群での観察数に比べ、有意に多かった;以上の知見は、プルキンエ線維の減少が、異常心臓伝導に関係し、突然死の原因の候補であるかもしれないことを示唆する、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate the changes in the structure of Purkinje fibers in cardiac tissue following fatal electrocution in rats.

詳細情報

Sixteen rats were divided into two groups: the electrocution group (n=8) and the control group (n=8). All animals were anesthetized. In the electrocution group, the eight rats underwent fatal electrocution, followed by cervical dislocation. In the control group, the eight rats were executed by cervical dislocation alone.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: not specified
  • voltage: 220 V

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • electric current
ばく露時間 not specified
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • electrode
ばく露装置の詳細 the anode connected to the left foreleg and the cathode to the right hind leg
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
参照 - - - - voltage: 220 V

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

A significant reduction in the number of Purkinje fibers was observed in the electrocution group compared with the control group.

研究の種別:

研究助成

関連論文