[c-fosの調節は電磁界によって変化する] med./bio.

Regulation of c-fos is affected by electromagnetic fields.

掲載誌: J Cell Biochem 1996; 63 (3): 358-365

<目的>c-fos遺伝子の調節領域がEMF曝露に反応したかどうかを決定するため <方法>原核生物のreporter gene CATに接続したc-fos上流域を含むプラスミドをトランスフェクトしたHeLa細胞を使った。つまり、-700bpまでのc-fosの上流調節領域に含まれるプラスミドを導入されている。細胞を60mG、60Hzで曝露した。 <結果>CATアッセイで得られたその発現は、曝露後、5minで増加が観測され20minでピークになった。40min後基底レベルになった。Deletion analysisの結果は、c-fos上流の-363から-225の138base pairsであろうと予想された。ここにはいわゆるSRE/AP-1部位が含まれている。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

関連論文