[自発EEG活動、ERPの相関、自動逸脱検出に対する3G UMTS携帯電話の単回ばく露の影響なし] med./bio.

No effects of a single 3G UMTS mobile phone exposure on spontaneous EEG activity, ERP correlates, and automatic deviance detection.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2013; 34 (1): 31-42

この研究は、ヒトの脳電気活動に対するUMTS携帯電話様信号への30分間ばく露の影響を二つの実験で調べた。1番目の実験(n = 17)は自発脳電図(sEEG)の分析、2番目の実験(n = 26)は、受動的オボドールパラダイム(標準刺激音90%、逸脱刺激音10%をランダムに提示)において、聴性事象関連電位(ERPs)および逸脱検出過程におけるミスマッチ陰性電位(MMN)を調べた。二つの実験は二重ブラインド法で実施された。その結果、30分間のばく露は、sEEGの各周波数帯スペクトラムパワーに影響を与えなかった:ERPの各成分(P50, N100, P200, MMN, P3a)の振幅潜時への有意な影響はなかった、と報告している。

ばく露

研究助成

関連論文