研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ヒト脳内の局所ターゲット確率の処理に対するカフェインと携帯電話の同時ばく露の影響] med./bio.

Effects of concurrent caffeine and mobile phone exposure on local target probability processing in the human brain.

掲載誌: Sci Rep 2015; 5: 14434

この研究は、UMTS携帯電話(MP)様信号の放射カフェインの摂取の組合せが認知機能に及ぼす影響を調べた。被験者(n=25)の単純視覚ターゲット検出タスク(低確率セットおよび高確率セット)遂行中に、その反応時間(RT)および脳電図(EEG)を記録した。カフェインはいくつかの用量のカプセルおよびプラセボのカプセルを用意し、体重に応じて摂取させた。またプラセボセッションも実施した。実験の前後に唾液を採取し、カフェイン濃度を確認した。MRばく露は、以前に著者らが開発したヘッドセットに埋め込んだパッチアンテナを耳珠の上方の所定の位置に当てた状態で、二重ブラインド化して真のばく露または擬似ばく露(いずれも15分間)を実施した。ファントム測定で、SARは頭蓋の深度2cmにおいて組織1g平均で1.75W/kgであった。実験の結果、低確率セットに比べ高確率セットの方がRTは短かったが、カフェイン摂取により高確率セットでのRT短縮がより大きくなった;カフェインは、ターゲット提示前の期間におけるアルファバンドのパワーを低下させた;一方、UMTSばく露は、単独でもカフェインとの組合せでも、RTやターゲット提示前の期間における脳波活動に変化を与えなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

The effects of co-exposure of subjects to an UMTS radiofrequency signal and caffeine on the reaction time and the brain activity should be investigated.

詳細情報

25 subjects participated in 4 sessions, respectively: 1) UMTS session: sham caffeine administration (glucose placebo) and UMTS exposure, 2) caffeine session: caffeine administration (3 mg/kg) and UMTS sham exposure, 3) co-exposure session: caffeine administration and UMTS exposure, 4) control session: sham caffeine administration and UMTS sham exposure. EEG data from 21 subjects and reaction time data from 23 subjects were analyzed (remark EMF-Portal: composition of group is contradictory: participation of 9, 11 or 13 females?).

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1:
ばく露時間: continuous for 15 minutes (2x)
  • SAR: 1.75 W/kg peak (1 g) (at 2 cm depth from the shell surface of the phantom)
  • SAR: 2 W/kg maximum (10 g) (at any position within the phantom)

ばく露1

主たる特性
周波数
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 15 minutes (2x)
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • patch antenna
ばく露装置の詳細 a mobile phone (Nokia 6650) was connected to 2W amplifier and a external patch antenna; antenna was mounted on a plastic headset and placed at a distance of 4 to 5 mm from the right ear above the subjects tragus, mimicking the natural position of MP during a call
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 1.75 W/kg peak - 1 g at 2 cm depth from the shell surface of the phantom
SAR 2 W/kg maximum - 10 g at any position within the phantom

Reference articles

  • Trunk A et al. (2014): [視覚的目標検出タスクに対するカフェインと携帯電話の同時ばく露の相互作用なし:ERPの研究]
  • Trunk A et al. (2013): [自発EEG活動、ERPの相関、自動逸脱検出に対する3G UMTS携帯電話の単回ばく露の影響なし]
  • Parazzini M et al. (2010): [ヒトの聴覚系に対するUMTSばく露の短期的影響なし]
  • Stefanics G et al. (2008): [聴覚オズボールパラダイムでの事象関連電位諸成分および早期ガンマ波同期現象に対する3G携帯電話20分間照射の影響]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Caffeine administration (session 2) led to significant differences in the EEG and to a significantly reduced reaction time compared to the control session. However, UMTS exposure (session 1) had no significant effect on any parameter in comparison to the control session and did not influence the effects of caffeine in a co-exposure (session 3).
The authors conclude that exposure of subjects to an UMTS radiofrequency signal has no effect on the reaction time and the brain activity, neither alone nor in a co-exposure with caffeine.

研究の種別:

研究助成

関連論文