[塩分ストレス下でのカルス成長、細胞損傷、生化学的変化に対するダイズ種子のパルス磁界処理の影響] med./bio.

Effects of pulsed magnetic field treatment of soybean seeds on calli growth, cell damage, and biochemical changes under salt stress.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2012; 33 (8): 670-681

この研究は、ダイズの種子にパルス磁界処理(1.0 Hz 正弦波一様、1.5 mTのパルス磁界(PMF)、1日5時間、20日間ばく露)した群について、塩分ストレス下でのカルス成長、細胞損傷生化学的変化を無処置群と比較した。処置群および無処置群の種子内から胚軸片を取り出し、10 mM NaClを含む培養液に移植し、カルスを再生させた。その結果、PMFと塩分ストレスの組み合わせばく露群では、カルスの湿重量、可溶性糖分総量、タンパク質総量、総フェノール量が有意に増加し、一方、PMF処理種子のカルスでのアスコルビン酸脂質過酸化カタラーゼ活性は減少した:PMF処置は、フラボノイド、フラボン、フラボノール、アルカロイド、サポニン、総ポリフェノール、ゲニステイン、ダイゼインの濃度を増加させるという点でカルスの塩分ストレス耐性を有意に強化した、などの所見を報告している。

ばく露