研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[8.7175 GHz CW マイクロ波放射はアスペルギルス・アムステロダミの分生子に対する突然変異原的影響を示さず] med./bio.

Lack of mutagenic effects on conidia of Aspergillus amstelodami irradiated by 8.7175 GHz CW microwaves.

掲載誌: J Microw Power 1982; 17 (4): 345-351

この研究は、アスペルギルス菌(Aspergillus amstelodami)の分生子懸濁液に、ホーンアンテナ近傍界の8.7175GHzのCWマイクロ波ばく露を与え、その影響を調べた。ばく露は、3時間および6時間の時間間隔で実施され、ばく露中の懸濁液の温度は28〜30℃の範囲であった。入射電力密度は2.09mW / cm 2であった。2種類の突然変異体(分生子の色変異体および8-アザグアニン耐性突然変異体)を調べた。その結果、無ばく露懸濁液との比較において、ばく露懸濁液中の生存群において、2種類の突然変異体が修復される頻度に有意な変化はなかった;ばく露時間を2倍にしても結果は変わらなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

An attempt to induce genetic effects in conidia (spores) of the fungus Aspergillus amstelodami by 8.7175-GHz CW microwaves.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 8.7175 GHz
ばく露時間: 3 h, 6 h

ばく露1

主たる特性
周波数 8.7175 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
特性
  • near field
ばく露時間 3 h, 6 h
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
Distance between exposed object and exposure source 0.008 m
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 2.09 mW/cm² - 推定値 - -

Reference articles

  • Livingston G et al. (1979): [チャイニーズハムスター卵巣(CHO)細胞の生存率に対する温水またはマイクロ波によるハイパサーミアの影響の比較]

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The data demonstrate a lack of mutagenic effects of 8.7175 GHz microwaves on conidia of Aspergillus amstelodami . Exposure duration seems to have no effect on the outcome. A temperature rise between 2.2 and 2.4°C induced in the suspension by the 3 h and 6 h exposure seems to have little, if any, effect on the frequency of mutants.

研究の種別:

研究助成