[静電界の生物学的影響:ラットの血漿/血清プロテオーム分析] med./bio.

Biological effects of static electric field: Plasma/serum proteome analysis of rats.

掲載誌: Electromagn Biol Med 2013; 32 (1): 79-94

この研究は、静電界ばく露(短期および長期)の影響を、ラット血漿血清プロテオーム変化(一次元の、ポリアクリルアミド ゲルを担体とした電気泳動手法による)と凝血過程について調べた。与えた電界強度は200 kV/m、短期ばく露は1時間ばく露、長期ばく露は1日6時間、6日連続ばく露とした。その結果、短期ばく露では、血漿中の易動度の速いα1およびα2 Gタンパクの減少と凝血の促進が同時に見られた;長期ばく露では、凝血が不完全となるようなプロテオームの変化は少なかった;短期および長期ばく露において、血清中のリゾチーム活性の上昇が見られた、などを報告している。

ばく露