研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[部分的に固定性のイースト菌マイクロコロニーに対するマイクロ波共振作用] med./bio.

Resonant microwave effect on locally fixed yeast microcolonies.

掲載誌: Z Naturforsch C 1989; 44 (9-10): 863-866

この研究は、酵母細胞の増殖に対するマイクロ波の影響を調べた。用いた実験装置では、いくつかの分裂サイクルの間に増殖する個々の細胞を観察することが可能であった。その結果、共鳴マイクロ波によるが増殖刺激効果が観察された;これは、増殖指標として細胞の攪拌懸濁液の濁度を用いた著者らの先行の実験装置での結果と一致した; この新しい実験装置は、著者らが提案している共振マイクロ波生物学的効果の三重項分子メカニズムの解明に適する、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate the effects of microwave exposure on the growth rate of Saccharomyces cerevisiae.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 41.776–41.788 MHz
Modulation type: CW

ばく露1

主たる特性
周波数 41.776–41.788 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
Additional information 41776 MHz, 41782 MHz, 41784 MHz, 41787 MHz, 41788 MHz
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
チャンバの詳細 filled with dielectricum (sapphire plate)
ばく露装置の詳細 cells within a 10 mm circle
Additional information apparatus: s.a. W. Grundler et al. Phys. Rev. Lett. 51, 1214 (1983)
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 10 W/m² - - - Pin 20 mW Pt is 0,12 mW (around 40 MHz)

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:

研究の主なアウトカム(著者による)

The novel experimental setup chosen in this study allowed to track single cells and derived colonies thereof and thus to determine the cell cycle time and the growth rate (wich is indeed the inverse of the cell cycle time). The findings revealed that the cell cycle time for an individual cell could be shortened or prolongated by microwave exposure at around 41.782 GHz.

研究の種別:

研究助成

関連論文