研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[2.45 GHz低レベル放射が赤血球膜にもたらす相互作用の経時変化] med./bio.

Time course of the interaction of low level 2.45 GHz radiation with the erythrocyte membrane.

掲載誌: Bioelectrochem Bioenerg 1996; 40 (2): 171-173

この研究は、2.45 GHzの連続波放射(0.025-10.000mW / cm2)ばく露をヒト血液に与え、赤血球膜に対する影響を調べた。まず、異なる電力レベルのばく露中およびばく露後に見られる溶血の程度を表すHb損失を測定した。2.45 GHzとヒト赤血球との相互作用は、2つの方法で調べた:(1)ばく露中およびばく露後のHb放出測定;(2)ばく露を受けた血液のコールター自動細胞測定(フローサイトメトリー)。その結果、これらの電力レベルでは、溶血よりもむしろ赤血球膜の一過性透過亢進によるHb損失が有意に誘導された;マイクロ波によって赤血球誘導されたHb損失は、対照での自然発生的Hb損失の80%までであった;電力密度上昇に伴うHb損失の増加率は、自然発生的溶血の当初レベルに強く依存した、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the time course of haemolysis in parallel with the time course of the osmotic resistance of irradiated membranes.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.45 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: 10 to 60 h

ばく露1

主たる特性
周波数 2.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 10 to 60 h
Additional information In each experiment 30 1 ml aliquots were exposed while six were kept as control
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • 詳細不明
Additional information Irradiation was performed in a temperature controlled water bath (4°C)
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 8 W/m² minimum 指定なし - 13.6 W/m² and 50 W/m²

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

At low power densities (0.8 and 1.36 mW/cm²), there is a quasi-linear increase in the degree of haemolysis with increasing time of exposure; at higher densities (5 mW/cm²), this tendency seems to be reversed after the first 10 h of exposure.
The data of the osmotic resistance of exposed erythrocytes show a progressive increase in osmotic resistance with time of exposure (at 5 mW/cm²).

研究の種別:

研究助成