[極限低周波、弱強度磁界に対するミツバチの限界感受性の測定] med./bio.

Measurement of the threshold sensitivity of honeybees to weak, extremely low-frequency magnetic fields.

掲載誌: J Exp Biol 1997; 200 Pt 9: 1363-1368

ミツバチは地磁気レベルのバックグラウンドに対して26nT程の一定弱磁界を認識できる。周波数10~60Hzの極低変動磁界がミツバチの磁界受容システムに及ぼす影響について検討した。その結果、ミツバチの磁界受容システムの感受性は周波数の上昇とともに急速に減少していくこと、また60Hzの変動磁界において磁気を識別するためには100mT以上の磁界が必要であることが明らかとなった。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

関連論文