研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[電磁過敏症患者における光のフリッカリングの神経生理学的影響] med./bio.

Neurophysiological effects of flickering light in patients with perceived electrical hypersensitivity.

掲載誌: J Occup Environ Med 1997; 39 (1): 15-22

スウェーデンで電気に敏感であると訴える人々が増加している。これらの患者は、計算機、蛍光灯や電気製品近くに立つと、皮膚に加え、神経系の失調を訴えている。これらの製品から出る電磁界での誘発試験では、僅か1例を除き、全員がネガティブで、報告されている疾病をもたらす自律神経/中枢神経系に影響を与える事務所環境での他の要因である可能性を示している。点滅している光もそのような要因の一つであることから、個々での研究のばく露パラメータとして選択した。」電気過敏症を訴え手いる10名の患者と同数の健康なボランティアを対照被験者として、振幅変調照明にばく露した。この種の視覚刺激に対する脳の感度を客観的な電気生理的な方法、網膜電位図、視覚誘発電位などで試験した。すべての刺激周波数で脳の大脳応答が、対照の被験者と比較した場合に、高振幅で見られた。一方、網膜での応答には、違いは見られなかった。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To examine whether there are differences in neurophysiological responses to light stimulation of different frequencies and modulation depth between hypersensitive persons and healthy subjects.

詳細情報

Ten patients with neurological and skin problems that they claimed to result from visual display terminal (VDT), fluorescent light, or television exposure were included in the study. Ten subjects without any problems associated with VDT work or light exposure served as the control group. The participants were exposed to flash stimulation at frequencies of 20, 25, 35, 45, 55, 65, and 75 flashes per second. The depth of modulation was investigated at 100, 75, and 50 % modulation at 45 Hz.

影響評価項目

ばく露

ばく露の詳細情報なし

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露中

研究の主なアウトカム(著者による)

A statistically significant difference in the visual evoked potential amplitudes between the patient and control groups was observed. No differences were revealed in the retinal responses.

研究の種別:

研究助成

関連論文