研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[電磁界を原因と考える本態性環境不耐症の人および一般公衆における症状の理由付けおよびリスク認知] epidem.

Symptom attribution and risk perception in individuals with idiopathic environmental intolerance to electromagnetic fields and in the general population.

掲載誌: Perspect Public Health 2014; 134 (3): 160-168

この研究は、一般人口からの標本(インターネット調査で募集)と「自分は電磁界EMF)を原因と考える本態性環境不耐症(IEI-EMF)である」として関連NGOに登録している人(その団体を通して募集)の間で、健康電磁界認知に違いがあるか否かを調べた。一般人口標本は、自分を電磁界に敏感と思うかとの質問への回答により非敏感者群、敏感者群に分けた。その結果、一般人口からの敏感者群の個人特性は、NGO敏感者群よりも一般人口からの非敏感者群のそれに似ていた;一般人口からの敏感者群は、非特異的症状の体験の程度や頻度、EMFリスク認知の度合、症状の原因をEMFと考える度合が、NGO敏感者群よりは少ない(または低い)が、一般人口からの非敏感者群よりは多かった(または高かった);症状の原因をEMFと考える度合の高さと申告による非特異的症状の重度との間の正の相関は、一般人口群に比べNGO敏感者群において強かった、と報告している。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

研究助成

関連論文