[重畳磁界による骨細胞の正味のカルシウムフラックスの増加] med./bio.

Combined magnetic fields increased net calcium flux in bone cells.

掲載誌: Calcif Tissue Int 1994; 55 (5): 376-380

低EMFは多くの生物学的影響を示している。特に、”細胞がEMFに反応する最低閾値が何なのか”を決めるのが大きな問題である。この研究ではヒトの骨芽細胞における正味のカルシウムフラックスの増加を可能にさせる10^-5V/mの最高勾配を誘導する低振幅CMFを示す。この増加は周波数依存型であり、ピーク値は15.3-16.3 Hzで帯域は1Hzである。熱雑音制限を特徴とするモデルは、非球型の細胞、共鳴型力学、信号の平均化などが生物学的システムにおいて低振幅EMFの伝達の役割をしている可能性があることを示唆している。

関連論文