[『高圧電力線の近くでの小児白血病‐Geocap研究、2002-2007』へのコメント‐オッズ比と信頼区間] comment

Comment on 'Childhood leukaemia close to high-voltage power lines--the Geocap study, 2002-2007' - odds ratio and confidence interval.

掲載誌: Br J Cancer 2013; 109 (5): 1384-1385

このコメントは、Sermage-Faureらの論文「高圧電力線の近くでの小児白血病‐Geocap研究、2002-2007」(Br J Cancer 108: 1899-1906: 2013)に対するものである。主な主張として、「オッズ比の95%信頼区間が1を挟まないことで有意性が判定されるべきであるにもかかわらず、論文中の記述はこの点に関して厳密でない」、「主な結果のオッズ比は、その信頼区間の下限が精々1.0であり、多くは1.0を下回っているので、これらを有意と判定してはならない」と述べている。これらに意味があるかのような記述は、「混乱を生む強い潜在力」をもつ、と述べている。

ばく露

コメントがつけられた論文

この論文に対するコメント