[レター:高圧電力線の近傍での成人のがん] comment

Adult cancers near high-voltage power lines.

掲載誌: Epidemiology 2013; 24 (5): 782

このレターは、Elliottらの論文「高圧電力線の近傍での成人がん」(Epidemiology: 24: 184-190: 2013)に対するものである。英国のデータでは、275 - 400 kV線では70-80mの距離で、132 kV線では30-50 m の距離で、送電線磁界のレベルは0.2 μTに低下することを引用し、「Elliottらの論文でも同様の傾向を示しており、>150-200 mの距離での送電線磁界レベルは、通常の家庭内バックグラウンド磁界レベルを超過していない。したがって、仮に何らかのリスク上昇が観察されるとしても、それは約80mの距離以内であるから、1000mまでの距離でばく露反応関係が見られなかったとの結論は驚くに値しない」と指摘している。また、「症例、対照の数が非常に多い研究であるにもかかわらず、リスク推定値信頼区間が広く、統計的検出力が低い。したがって、たとえ適切な近接距離であっても、有意なばく露反応関係を検出できていない」とし、この研究がこれまでの議論を終結させるとの著者の見解に疑問を呈している。一方。この研究の結果で重要なことは、年間平均磁界ばく露レベルが0.1μTを上回る住所に住む人は2.5%であることを示したことで、これは他の英国データに一致していると述べている。したがって、仮に成人白血病や脳中枢神経系腫瘍リスク推定値が20%上昇を示したことが正しいとしても、公衆衛生へのインパクトは小さいことが示されていると述べている。

ばく露

コメントがつけられた論文

この論文に対するコメント