研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[ポーランドの携帯電話使用者における自覚症状のリスク:疫学研究] epidem.

The risk of subjective symptoms in mobile phone users in Poland - An epidemiological study.

掲載誌: Int J Occup Med Environ Health 2014; 27 (2): 293-303

この研究は、ポーランドの携帯電話使用者における自覚症状のタイプと発生率を、質問票郵送法により2005年に調査した。質問票は53項目で、人口学的情報、携帯電話の特性、使用状況、携帯電話使用に関連した不定愁訴を含んだ。その結果、1800人へ郵送し、587人から回答があった;携帯電話平均所有期間は3年;毎日使用が74%、ほぼ毎日使用が20%であった;使用頻度の高い人で、そうでない人に比べ、頭痛の報告率が高かった;疲労感、耳周辺の温感にも同様の傾向があった、などを報告している。

ばく露

研究助成

関連論文